要するに「箱」 どう足掻いても「箱」 ただいまお片付け中

この世界に於ける「魔法」

 この世界には空気や生き物から砂の1粒に至るまで「魔力」と呼ばれるものが宿っており、それをリソースとして発現する全ての現象は「魔法」と呼ばれる。
 特定の言葉の組み合わせによる詠唱や装具の機能によって魔力の「反応」を起こし、魔力を所定の場所や形へ「誘導」し、トリガーを与えることによって「発動」するというのが主な魔法のプロセス。

魔力

生命魔力アニマ
 人間や動植物など、生命に宿る魔力。人間の魔法は大半がこれを扱うものである。
 魔法の使用によって消耗し、休息によって回復する。
 生命力が根源であり、精神力が回路となる。故に保有量や消費量等々は心身の調子や練度によって大きく左右されるので、指標を設けたところであまり参考にならないのが現状。一度に慣れない量を大量に消耗すれば、身体は疲労感等々で弱り、精神も乱れて集中力の低下や思考・感情の混線が起きてしまう。
自然魔力ナチュラ
 水や石など、主に無機物に由来する魔力。生命魔力に影響を与えたり生命魔力に影響されて変質したりと不安定だが、非常に強い力を持つ。人間がこれに干渉することは難しい。
  • 石のタリスマン
 イルマイトの名産のひとつ。周囲の環境によって自らの色やナチュラの性質をも変える鉱石「ティンクトゥライト」のナチュラを利用して魔法や動作の補助などに用いるもの。自然魔力の数少ない実用例である。
文明魔力マキナ
 トーテムなどの装置を介して人工的に産出した魔力。生命魔力や自然魔力とは決定的に異なるものであり、他の魔力を侵食する傾向にある。
  • 擬似元素ファルスエレメント
 鉄の民の錬金術師が属性の壁を超える為に挑んだもので、数多の有志の研究によって実用化したもの。
 多くは消耗品として生産され、スタッフやワンドなど他の道具に装着したり、或いはその場で破壊するなどして効果を発揮する。
 魔力を真水に変換する緊急用カップ、強い光によってモンスターを追い払う閃光弾など、鉄の民以外も多く利用しているが、過度な使用は生命魔力に不調をきたすとして研究団は警鐘を鳴らしている。

アーティファクト

 
×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

管理人/副管理人のみ編集できます