要するに「箱」 どう足掻いても「箱」 ただいまお片付け中

「汚れなき血染めの髪」

マオ・ミア・レムナント/Mao Mia Remnant
種族人間・牙の民
伝素ネコ
性別女性
年齢10代後半
出身南の名もなき郷
職業無し
所属無し
シンボルカラー緋色(#d3381c/R:211 G:56 B:28)
所持品手作りのフードとチュニック
奇妙な模様が刻まれた腕輪
人称アタシ/アンタ
描写鮮烈な赤の髪と目
堂々たる姿勢、揺らがない視線、全身を覆い駆け巡るもの
物語血脈、逃避、呪縛

「邪魔になったら殺すなら売るなり好きにすればいいわ。アンタならその程度簡単な筈」
「フフン、アタシは鼻が効くのよ」

【備考】
 イルマイト付近で、幾人もの人間を手にかけ「赤い牙の民」として恐れられていた人殺し。(最も、本人にはその自覚は全く無かったのだが)手負いの獣も同然の狂騒状態でジーマに殴りかかって返り討ちからのなんやかんやで、色々あるけど兎に角防衛団に捕まりたくない一心でジーマ達に勝手に着いて行くことに。
 鉄の民と比べて髪や目の色が豊富な牙の民であるが、ネコの因子であるにも関わらず耳や髪、瞳まで血を思わせる赤であり、またこれは誰の目にも奇異に映るものであった。その上、突如として魔力が赤黒く染まって溢れ、意識を失って狂騒状態になる問題がある。そうなれば気絶するか物理的に強いショックを受けるまで暴れ回り当たり構わず襲いかかり、生き物であれば殺害する。しかしこれはどうも不自然なもののようで……?

管理人/副管理人のみ編集できます