要するに「箱」 どう足掻いても「箱」 ただいまお片付け中



 常に風が吹く常春の田園都市。気候の穏やかさもあって農林業が盛んで、街の面積の半分近くを小麦や野菜など様々な畑が占め、都市部では貨幣経済が定着している一方で自給自足や物々交換で生活している人も多い。
 風は度々その向きと強さを変え、畑には結界を張っておかないと急な突風で作物が駄目になってしまう。また、風によって周辺の様々な地域から多種多様な植物の種が飛来するので、植生が非常に賑やか。在来の植物達はよそ者に負けまいと進化を遂げ、その生存力が強すぎるが為に外来種の保護の方が大変と言われている。



主産業畑作、牧畜、生花、花魔術や薬品の研究開発
建築の特徴風車いっぱい、風に強いレンガ屋根
外装に花篭などを用いない(飛ばされる)
蔦なんかは生え放題(勝手に飛んできて勝手に根付く)
都市計画農業区、牧場区、研究区、商業区
重要施設研究団【蒼儀球】本部 など
名前の由来のどかなイメージ→酪農→朝焼けの空にホルンがぷわーん→Horn+あとなんかノリ
動画「建てる」1頁目〜12頁目、15頁目〜
「歩く」1歩目



【小麦農家】
 あちこちの農家で生産されている小麦は、小麦粉になってパンやお菓子になるだけでなく、家畜の飼料としても重宝される。脱穀したあとの藁は編めば道具入れや縄の材料になるし、常に結界魔法の影響下で育つ為か意外にも魔術適性があり、モンスター除けや軽い傷病の治癒魔法にも用いられる。陰に陽にみんなを支える街の財産。小麦農家のお手伝いは、もれなく美味しいご褒美にありつける定番のバイトである。

【天秤市場】
 農業区の各地に、テントを幾つも張った市場が点在している。周辺の農家が自慢の作物を持ち寄って互いに物々交換したり、農家でなくても格安で野菜や小麦が手に入る。詰まるところの産直。

【花魔術】
 この世界では生き物は勿論何から何まで魔力が宿っている。勿論草花も例外ではなく、それを引き出し様々な効果を得るのが花魔術である。一つどころにいながらにして豊富な種類の草花が手に入るこの街では、それらを掛け合わせて新種を生み出し、それを元にして更なる魔術の発展を目指し研究を続ける人々がいる。

【フリーツイッグ】
 ホーニスに伝わる、諸願成就の伝統的なおまじない。転竜の角を模して「F」の形に整えた木の枝を用意し、草花や木の実、家にあったリボンや布地のあまりなどで自由に飾り付けて竜堂に納める。飾り付けもろとも転竜にバリバリ食べてもらうことで、夢が叶う場所まで風に乗せて運んでもらうのである。魔術的、学術的根拠は不明。だがそれでいい。

【ドクハクの森とゴーレム農家】
 街の南西には世界最悪の危険地帯の呼び声高いドクハクの森が広がっており、砦の周辺は長らく空き地ばかりで手つかずだった。が、かつて防衛団に所属し世界最強と謳われたゴーレム技師がその空き地に目を付け、「農業を始めたいからその土地寄越せ」と半ば強引に開拓を開始、10体以上の農業用ゴーレムを1人で操り広大な野菜畑を作り上げてしまった。

【ウィーピングウィート】
 ホーニスに古くから伝わる小麦を使ったまじない。または、そのまじないをかけた小麦の束そのものを指す言葉。穂先を向けられた人の後ろめたい気持ちや良からぬ隠し事を感知すると、啜り泣くように穂が震える。現在も防衛団や裁定団が尋問に用いることがあるが、真の狂人にはなんの効果も無い。
×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

管理人/副管理人のみ編集できます